2018年3月21日水曜日

K-7の頃

チームのメンバーにくっついて、MTBのJシリーズを見に行き始めたのが2011年。
カメラはK-7になっていましたが、レンスはタムロンの28-200 F3.5-5.6でした。
ただ、MTBのレースは森の中も走るので、このレンズだと森の中は厳しいということがわかりました。
そこでシグマの17-70mm F2.8-4を購入。超音波モーターということで、AFの合焦スピードも期待しましたがそんなに速くなったとは感じませんでした。
シグマ買って困ったのが、ズームのリングをまわす方向が、ペンタックスやタムロンと逆だったこと。
カメラってこういうとこ、標準化されてないんだと驚きました。

K-7とこのシグマのレンズの組合の頃は、絞り優先とかシャッタスピード優先とか、そんなこと何も考えずにパシャパシャ撮っていました。
(まぁこれは、ペンタックスの「ハイパー操作系」のせいでもあるのですが)

この組合せで撮り始めた頃の、お気に入りの写真がこの2012年八幡浜の山本幸平選手。

K-7 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

いま見るとさっぱりですが、デジタル一眼でこういう写真が撮れることに満足していました。

0 件のコメント:

コメントを投稿